アプリで予約が出来るようになりました

お問い合わせ 0952-20-4040

骨盤が広い人の特徴とは?原因やおすすめ改善方法のご紹介|佐賀市で骨盤矯正ならうちだ整骨院へ

こんにちは!
佐賀市のうちだ整骨院の内田です。
 
腰が狭いという人なら、お気に入りの服も着やすいと思います。骨盤が広いと感じる人なら、お気に入りの服を着るとどうしても太く見えてしまう下半身になります。人間の体、特に女性の体のつくりは、男性より骨盤の作りがもともと広いです。出産後は特に骨盤が広くなります。そこが気になり骨盤矯正を希望される方も少なくありません。しかし、下半身が太い原因は骨盤の広さだけではありません。
 

下半身の体型は変えられる?

 

骨盤矯正・調整と、姿勢などの調整によってスリムに見せることができる下半身。
果たして、服を着た時に下半身が太く見えてしまう骨盤が広い人をスリムに見せるためのおすすめの改善方法には、どんなものがあるでしょう。また、下半身が太く見えるのは、骨盤以外にどんな原因があるのでしょう。
 

広い骨盤以外が原因?下半身が太い原因①お尻の筋肉

モデルの人など骨盤の狭い人は、下半身も細くに見えるという声が多いです。それとは逆に、下半身が太く見えてしまい、『これかわいい!でも・・・』と服も着られないと感じる人もいるのではないでしょうか?生まれつきの骨盤の広さ原因で、下半身を太く見せていると思いがちですが少しの努力で変化があるかもしれませんよ。
 

広い骨盤の原因はお尻(ヒップ)にあり?

意外と現代の生活でなかなか使われることのないのがお尻の筋肉になります。階段を上り下りしたり、しゃがんだり、スクワットをするときに使うお尻の筋肉です。実は、広い骨盤に見えてしまう原因は、お尻の筋肉の弱さにあります。お尻の筋肉が弱まることによって、お気に入りの服やタイトなスカートなどを楽しむことを妨げる原因となっている。逆にお尻に筋肉がしっかりついていれば、狭い腰を実現できる可能性が高くなります。
 

お尻の筋肉が弱まると・・・

 
お尻の筋肉が弱まると、「下の腹が前面に出る」「内側の太腿が外に出やすくなる」というものが挙げられるが、これらどちらともが広い骨盤に見えてしまう原因となります。これらの状態を改善するおすすめの方法があります。実践すれば、少しでもスッキリした下半身に見える可能性はあります。
 

広い骨盤以外が原因?下半身が太い原因②大転子のズレ

広い骨盤の人の特徴として腰回りやお尻周りの筋肉が弱まっている人が多いです。
 
例えば
・座るときに脚をつねに組んでいる人
・内股やガニ股で歩く人
・歩き方や姿勢が悪い人

 
こんな特徴を持っている人なら、下半身の筋肉が弱まっている可能性があります。
それが原因となって起こるのが、「大転子」の位置のズレだったりします。
 

大転子とは?

簡単にいえば足の付け根(股関節)の部分の横の出っ張りになります。骨盤と大腿骨を繋げる大事な部分となります。股関節の位置がよくないとより大転子が広がったように見えます。
上記で記載したことをずっと続けて行くと大腿骨の位置がズレていき、それが原因で大転子が外を向きやすく最終的にはo脚や広い骨盤になりやすくなります。

この部分に関して効果的なことが骨盤矯正となります。
 

広い骨盤に見えてしまう特徴!

 
骨盤よりも両足の太ももの方が広く見えてしまうのなら要注意になります。広い骨盤に見える、または下半身が太くなってしまう特徴としては、やはり歩き方や姿勢の悪さが多くあります。ガニ股・内股で歩く癖がついてしまっているのが特徴として挙げられます。
 

広い骨盤に見えてしまう原因

姿勢の悪さなどにより、また、お尻などの筋肉が弱くなることによって下半身の筋肉のバランスがくずれてしまい、骨のゆがみが出てきます。これにより下半身ににできたスペースに脂肪が付きやすくなる原因となってしまいます。
 
 
 
下半身の太さは、骨盤の広さなどとして捉えられがちですがしかし、骨盤矯正、大転子の調整や、歩き方の矯正、姿勢を正す方法などで少しは改善することが可能ではあります。
お気に入りの服を着ることができる細い下半身、つまり「狭い骨盤」を実現するためにも、簡単な立ち姿勢を紹介しますので継続的に行い、理想の体を手に入れていきましょう。
 

広い骨盤を解消する立ち姿勢・ストレッチ

立ち姿勢

 

皆さんは何も意識していない状態で立つと膝の間があいてくると来ると思います。

しかしここでお尻をしっかり意識すると骨盤の開きの改善・姿勢の改善にもなります。

ポイントを少しずつ書いていきます。

下の写真はうちだ整骨院のスタッフに何も言わずに立ってもらった写真になります。

 

まず

①両足の内側(足先の親指~かかと)をくっつけます

 

 

②太ももを外に回すように力をいれる(お尻の穴を閉めるような感じです)

そうすると膝の隙間が少なくなっているのはわかるでしょうか?

この状態を30秒~1分を3セット程を毎日行うだけでもお尻の筋肉が鍛えられます。

 

 

これだけですが大転子がしっかりした位置をキープできるようになります。

また写真を見て頂くと分かると思いますが

力を入れていない方が右手が下がっていて

お尻に力を入れている方が手の位置もしっかり正常な位置にあります。

姿勢の矯正にもなりますので皆さんできれば行ってください。

 

お尻のストレッチ

次にお尻のストレッチになります。

これも簡単ではあるので実践してみてください。

 

①仰向けに寝る

②膝を抱え込む(お尻をしっかり伸ばす意識で)

これも30秒~1分行って下さい。

そうするとお尻の筋肉に柔軟性が出てより効果が出やすくなります。

 

骨盤が広い人のまとめ

いかがでしたか?今回は骨盤が広い、あるいは広く見られてしまうという方の解決になればと思います。骨盤が広くなる原因や広く見られてしまう原因は様々です。ほかにも骨盤矯正なども有効ではありますが自分がどの特徴があるかを見極め、それにあった改善方法を実践してください。またしっかりと水を取りながら行うとよりむくみ改善もみられてくると思いますのでここも頑張ってください。
 
 
 
うちだ整骨院では産後の骨盤に対する悩み・妊娠中の骨盤の痛みなどに対して特化して施術を行っていますので何かお悩みの方はぜひご気軽にお問合せください。
 
 
 
 
〒840-0033
佐賀県佐賀市光2丁目9-22
うちだ整骨院
0952-20-4040
 

 

料金案内

メールでお問い合わせ

お問い合わせ 0952-20-4040

TOPへ

ホームへ