アプリで予約が出来るようになりました

お問い合わせ 0952-20-4040

スタッフブログ

ぎっくり腰、少しでも楽に過ごせるための応急処置と対処法|佐賀市のうちだ整骨院へ

ぎっくり腰になったら。少しでも楽に過ごすための応急処置と対処法

 

ぎっくり腰は魔女の一撃ともいわれ、あるとき突然に襲ってきます。痛みの範囲や症状はひとそれぞれですが、痛みが治まるまでの数日間、特にぎっくり腰になってしまった当日や翌日は、寝る・起きる・顔を洗う・車の乗り降り・トイレ・入浴・椅子やソファーに座る・咳やくしゃみ など、日常生活の中で、何気なくしてきた当たり前の動作がとても困難になります。

ぎっくり腰症状が改善していくまでの間、日常生活を少しでも楽にすごせるような応急処置や対処のポイントを何点かお伝えいたします。

ポイント1:患部を冷やす

まず1点目は患部を冷やすと症状が和らぎます。
1日安静にしていても、腰に鋭い痛みが出たり、ちょっとした少しの動作でも鋭い痛みが出る場合は、患部に炎症がある可能性がありますので保冷剤や氷をタオル等でくるみ患部を冷やします。

冷やす時間としては 、「10分冷やして5分休んで」を何セットか繰り返すようにしてください。
10分はあくまで目安です。凍傷を起こさないように長時間冷やしすぎたり、皮膚に直接保冷剤を当てないように、薄手のハンカチなどで保冷剤をくるんでから、腰の痛みが激しい部分を冷やすようにします。

ポイント2:寝る姿勢は横向きで

ぎっくり腰症状の特徴としては、「寝起きが辛い」という方が多いのですが、寝る姿勢を工夫することで寝起きの辛さをある程度軽くすることができます。

寝る姿勢は横向きです。痛い側を上にしてください。
腰の右側が痛い場合は、右を上に。身体の左側面が下になるようにします。
腰の左側が痛い場合は、左を上に。身体の右側面が下になるようにします。
右左どちらが痛いかわからない場合や、腰の中央付近が痛い場合は左右両方試していただいて、楽な方を上にして寝るようにしてください。

こうすることで、寝起きの際の腰の痛みが改善できます。

ポイント3:中腰はぎっくり腰の大敵!少しの工夫で腰の負担を軽減

ぎっくり腰になると、何気ない動作や姿勢によって、腰に痛みが走ったり、症状が悪化してしまう可能性があります。
特に「中腰動作・中腰姿勢」は腰の大敵です。腰を余計に痛めたり、痛みを長引かせる原因にもなるので、中腰姿勢はなるべく控えましょう。

とはいえ、お仕事や日常生活でどうしても中腰にならざるをえない場合は多いです。
例えば、「顔を洗う」という動作は中腰姿勢の典型です。
顔を洗う場合は、
・洗面台や壁に片手をついて顔を洗う
・洗面台にももをつけて顔を洗う
・足を前後に開いた状態で顔を洗う
など、中腰にならなくても顔を洗える動作ができるように工夫をしてみて下さい。
また屈伸動作に関しても腰に負担をかけますので、極力控えるようにしてください。

中腰姿勢や中腰動作と同じように、「うつぶせで寝る」、「あぐらをかく」、「足を組んで椅子に座る」といった姿勢も腰に負担をかけますので、控えるようにしてください。

ポイント4:低い椅子や車のシート、ソファなどに座る際はお尻を高く。

ぎっくり腰になっても、仕事の都合や日常生活の中で車に乗る機会は多いはずです。
車から乗り降りする際はもちろんですが、運転していても痛みがひどくなるという相談も多いです。
車のシートは柔らかく、お尻が沈み込む構造になっています。乗り心地を考えると当然の構造ですが、ぎっくり腰には辛い構造です。ぎっくり腰の症状が辛いとき車を運転する必要がある場合には、座布団もしくはバスタオルを折りたたんでシート面のお尻側に入れていただいて、お尻が高くなるように工夫してください。
こうすることで運転中の腰の痛みも軽減できますし、車から降りる際にも腰への負担が軽くなります。
くれぐれも運転に支障がでない程度の高さにしてください。

車のシートと同じようにお尻が沈み込む構造の柔らかいソファー、また低い椅子に関しても、同様の痛みが出てきますので、そういう椅子に関してはできるだけ座らないようにし、フラットで固い椅子に座るようにします。

ポイント5:腰用コルセットは痛みを和らげる有効アイテム

ぎっくり腰になった場合の第一の対処方法は「安静」が基本になりますが、仕事や日常生活の上で、1日寝ているわけにもいかない場合は、ドラッグストアでも販売しているもので十分ですので 腰痛ベルトや骨盤ベルト、コルセット、骨盤サポーターを積極的に活用してください。

腰痛ベルトやサポーターは骨盤や腰、腹部を固定化することで、身体を支える力をサポートしてくれます。普段よりも小さな力で身体を支えてくれるので、腰への負担がグッと低くなります。

注意としては寝るときには外すようにしてください。自分の筋力が低下してしまい、

つけておかないと不安になることがあります。

ぎっくり腰になった時に、楽に過ごすポイントをお伝えしました。
少しの工夫で痛みや動作が軽くなりますので、ぜひ試してみてください。

 
 
 
〒840-0033
佐賀県佐賀市光2丁目9-22
うちだ整骨院
0952-20-4040
 

 

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)でお悩みならうちだ整骨院へ

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)でお悩みならうちだ整骨院へ

 

歩き初めに足の裏がピリッと痛む…
土踏まずが痛い…
歩き出しや動作の最初に鋭い痛みを発する足底筋膜炎はマラソンなどをしている人以外にも比較的好発する症状です。

若い世代から40~60代まで幅広く起こる足底筋膜炎に着目し、足底筋膜炎を引き起こす原因やなりやすい人の例、予防と対処法、さらには当院での治療方法についてご紹介します。

 

足底筋膜炎とは?その原因と症状


足底筋膜炎とは足底腱鞘炎とも呼ばれます。足の裏にある足底筋という筋肉に負荷がかかり、やがて炎症や小さな断裂を繰り返すことで起こります。

足底筋は踵の骨から5本の指の付け根に向かって扇状についており、以下の2つのはたらきを担っています。
・足裏のアーチを保持し、体重を支える
・歩行時にアスファルトなど地面からの衝撃を吸収する

このように小さな面積で体全体を支え、下からの衝撃を吸収する大切な役割をしている筋肉なのです。

足底筋膜炎の症状とは?

足底筋膜炎を発症すると以下のような症状を感じます。
・歩き始めに足の裏が痛む
・足の裏の痛みはしばらく歩いていると軽減する
・座った姿勢、立ったままの姿勢から動くときに足裏が痛む

動き初めに痛みを感じ、歩き続けることで症状が軽減するのが特徴です。

痛みを感じる場所は、土踏まずの内側と踵に多く見られます。足底筋膜炎初期の頃は、土踏まずの重だるさやコリ、踵のコリや疲れを感じがちです。悪化すると足を床につくのも痛くなり、フローリングなど硬いものの上では歩けなくなり、痛み自体も強くなるので注意が必要です。

 

足底筋膜炎はどんな人がなりやすい?

足底筋膜炎になりやすい人には以下の特徴があります。

・ランニングやジャンプが多いスポーツをしている人
(例)マラソン、サッカー、バスケットボールやバレーボールなど
・長時間の立ち仕事をしている方
・肥満体型の方
・クッション性がない靴を履いている方

これ以外にも、足首の関節が硬い方や加齢や運動不足の方にも起こりやすくなっています。

 

足底筋膜炎の原因は?

足底筋膜炎の原因は主に3つあります。
・スポーツや立ち仕事などで足底筋膜炎が常に緊張し、繰り返し使われることによる疲労
・筋力の低下により、足底筋膜炎の機能がはたらきにくくなること
・体の歪みなどバランスが崩れることで、足底筋膜炎に過度な負荷がかかること

原因をしっかりと見極めることが大切です。

足底筋膜炎の対処法と予防法


足底筋膜炎の痛みが辛いときに自分できる対処法と足底筋膜炎を防ぐための方法をご紹介しましょう。

足底筋膜炎におすすめのストレッチ

セルフケアのポイントは足底筋膜炎に負担をかけすぎないこと、緊張している足底筋をリラックスさせてやることです。

そこで 足の裏とふくらはぎの筋肉をストレッチすることをおすすめします。

 

まずは足裏のストレッチ方法からご紹介します。


1.床に座り、ストレッチする側の膝を曲げ、踵は床につける
2.両手で足の指を裏から包み込むようにもち、すね側に倒す
足の裏が伸ばされている感覚があればOKです。

続いてふくらはぎの筋肉をストレッチしましょう。


1.床に座り、両膝をのばしたまま両足を伸ばす
2.上半身を前に曲げ、ふくらはぎを伸ばす
手が届くようであれば、足の指を手で持ちましょう。難しい場合は、膝が浮かないように気をつけながらふくらはぎを伸ばしてください。

 

足底筋膜炎の予防法は?

足底筋膜炎の予防にも上記のストレッチが有効です。スポーツをしている方はスポーツ前後に、それ以外の方はお風呂上りなどにしっかりと行いましょう。

また足底筋への負担を日頃から軽減させるために、 靴の中にインソールを入れたり、インソールがしっかりした靴を選んだりすることも大切です。

足底筋膜炎への施術法


足底筋膜炎は慢性化すると、セルフケアだけでは治りづらい症状です。また一時期は軽減しても、無理をすると再発しがちなのでやっかいです。

当院ではまずは症状の原因を突き止めた上で適切な治療方法を選択しています。血行不良が原因の方には、下肢から足の裏への血流を改善するためにマッサージやストレッチなどを行います。日常的な動作が原因となっている場合は動作を改善させるために、姿勢改善に取り組んでいきます。その他、スポーツなどのオーバーワーク原因のケースにはマラソン整体を取り入れ、足への負担を軽減させていきます。

どこにいっても足底筋膜炎が良くならない…と悩んでいる患者様が多く来院されています。お話ししてきたように、足底筋膜炎の原因は人それぞれです。足底筋に負荷をかけているのが何かを見極めることが症状改善の早道です。

足底筋膜炎と診断されたが良くならない、痛みがどんどんひどくなっていく、また再発してしまった…という方に、足裏だけでなく体全体の状態をチェックし、最適な治療法を提案しています。辛い足底筋膜炎にお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。

 

〒840-0033

佐賀県佐賀市光2丁目9-22

うちだ整骨院

0952-20-4040

妊娠中に足の付け根が痛くて歩けないときの対応法|妊婦さんの施術ならうちだ整骨院へ

関連記事:恥骨の痛みはどうすれば?

     妊婦さんの身体の状態とは?施術を受けるメリットとは?

     骨盤ベルトの付ける位置とは?

     逆子を戻すためにできることは?

     赤ちゃんのためにも自分を守るためにやっておきたいこと

 

こんにちは!佐賀市で妊婦さんに特化しているうちだ整骨院です!

今回は妊娠中の足の付け根の痛みについて書いていきます。何かをきっかけにこのページにたどり着いた方のお役に立てればと思います。

 

妊娠中に足の付け根が痛くて歩けないときの対応は?

 

大きくなったおなかを支える腰や背中の痛みは、妊娠後期の妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの筆頭ともいえるもの。足の付け根あたりがズキズキと痛んで歩くのもつらい……という人もいます。

妊娠中、日ごとに大きくなるママの子宮をしっかりと支えている骨盤。骨盤は1つの骨ではなく、複数の骨の集合体なのをご存じですか? 骨盤は、大きく分けて左右に広がる寛(かん)骨(こつ)と尾骨、仙骨の3つの骨が組み合わさってできており、周囲の靭帯や筋肉がそれをガードしています。

妊娠によりお腹が大きくなっていくと腰背痛や足の付け根の痛みは、こうした骨盤の構造と、お産に向けたママの体の変化に由来します。

 

子宮が大きくなるにつれ、反り返るような姿勢になる

 

おなかが大きく重くなってくると、体の重心が前方に移るため、立ったり歩いたりするときには上体を反らせてバランスを取るようになります。すると、腰や背中の筋肉に負担がかかり、疲れや痛みを感じやすくなります。腹筋が引き伸ばされて弱くなり、おなかを支える筋肉のバランスが崩れることも、腰痛の一因です。

 

赤ちゃんが下がることによる圧迫

妊娠36週ごろになると、赤ちゃんの頭はトンネル(産道)の入り口に向かって下降を始めます。その重みで骨盤や周囲の靭帯・筋肉が圧迫されると、腰や足の付け根あたりに痛みを感じるようになります。

 

骨盤が開くことによる影響

妊娠中期~後期になっていくと、赤ちゃんの頭はさらに下がってきて骨盤内に固定されます。この頃には骨盤周囲の靭帯が緩み、「仙腸関節(仙骨と腸骨の間にある関節)」「恥骨結合(左右の恥骨が靭帯でつながる箇所)」といった骨のつなぎ目が開いてきます。

これは、赤ちゃんが産道をスムーズに通過できるようにするための準備ですが、関節や結合部分が開くと腰全体が少し不安定になり、鈍くうずくような痛みを感じたり、足の付け根付近にズキズキと刺すような痛みを感じたりする人もいます。

 

分娩時の赤ちゃんと骨盤のイメージ

 

ホルモンバランスの変化による影響

骨盤周囲の靭帯が緩むのは、妊娠によって分泌が増えるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)の影響と考えられています。これらのホルモンは、骨そのものではなく、骨を支える靭帯に作用して関節や結合部分を開き、お産の準備を整えるのです。

 

坐骨神経痛による影響

腰のあたりから膝上まで伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる「坐骨神経痛」の影響という場合もあります。坐骨神経痛が原因の場合は、腰痛が出たあと、お尻や太ももの後ろなどに痛みやしびれがあらわれます。

 

だれでも簡単にできる!足の付け根の痛み予防と対策

 

安産のためには、ウオーキングなど適度な運動を行って体力をつけておきたいところですが、腰や足の付け根に痛みがあると、運動はおろか、外出もおっくうになりがちです。できる範囲で体を動かすようにしましょう。

 

なるべく正しい姿勢を取る

腰や足の付け根が痛くてつらいときは、決して無理はしないこと。長時間立ち続けたり、座り続けたりするのはNGです。おなかが大きいと、つい背中を反らせた姿勢を取りがちですが、それが痛みの原因になります。なるべく背筋を伸ばして、腰や背中に負担をかけないようにしましょう。座るときは、背もたれの真っ直ぐな椅子や辛い場合はクッションを使うなど、常に腰や背中をケアするよう意識してください。

 

寝るときは横向きになり、ひざの間に枕などを挟む

 

足の付け根が痛むと、足を開く動作がつらくなったり、寝返りを打つのも困難になったりすることがあります。「痛くて眠れない」ときには、寝具や寝る姿勢を変えてみると、楽になるかもしれません。具体的には、「硬めのマットレスに横向きに寝て、クッションや枕などをひざの間にはさみ、骨盤周りを安定させる」のがおすすめ。お風呂タイムではゆったり湯船につかり、腰や背中を温めるとよいでしょう。

 

骨盤ベルトや腹帯を活用しよう

骨盤ベルトや腹帯も、腰や足の付け根が痛む妊婦さんには心強いアイテムです。骨盤ベルトや腹帯で、おなかや骨盤周りをしっかり支えてあげると、痛みの軽減・予防につながります。着用するときは、おなかを締め付け過ぎないように注意してください。

 
 

おなかの張りや痛みが出たら安静に

腰や足の付け根の痛みに悩まされやすい妊娠36週以降は、赤ちゃんが出産に向けてスタンバイ状態になる時期でもあります。この頃には、陣痛の予行演習のようなおなかの張りや痛み(前駆陣痛と言います)を、頻繁に感じるようになります。しばらく安静にすると治まるようなら心配はいりませんが、「張りがだんだん規則的になってくる」「痛みがどんどん強くなる」などの場合は、かかりつけの産婦人科や産院に連絡してください。

 

前回妊娠時に腰や足の付け根に痛みが出た妊婦さんは要注意

うちだ整骨院で来院されている患者様たちと話しをしていると1人目妊娠のときに腰や足の付け根に痛みが出た人は、2人目以降も痛みが出る傾向が多いです。心当たりがあるママは、できるだけ姿勢をよくするよう意識したり、運動療法などを積極的に取り入れて、予防に努めるようにしましょう。

 

まとめ

 

腰や足の付け根の痛みはつらいものですが、うちだ整骨院ではそのバランスを正していきながらできるだけ出産が楽にできるようにサポートさせて頂いています。ここで紹介したような対策を行って痛みを和らげましょう。それでも痛みが取れない場合などは妊婦さんに特化している佐賀市のうちだ整骨院にご相談ください!

 

関連記事:恥骨の痛みはどうすれば?

     妊婦さんの身体の状態とは?施術を受けるメリットとは?

     骨盤ベルトの付ける位置とは?

     逆子を戻すためにできることは?

     赤ちゃんのためにも自分を守るためにやっておきたいこと

〒840-0033

佐賀県佐賀市光2丁目9-22

うちだ整骨院

0952-20-4040

料金案内

メールでお問い合わせ

お問い合わせ 0952-20-4040

TOPへ

ホームへ