アプリで予約が出来るようになりました

お問い合わせ 0952-20-4040

スタッフブログ

妊娠中に足の付け根が痛くて歩けないときの対応法|妊婦さんの施術ならうちだ整骨院へ

最終更新日2022年12月8日

関連記事:恥骨の痛みはどうすれば?

     妊婦さんの身体の状態とは?施術を受けるメリットとは?

     骨盤ベルトの付ける位置とは?

     逆子を戻すためにできることは?

     赤ちゃんのためにも自分を守るためにやっておきたいこと

 

こんにちは!佐賀市で妊婦さんに特化しているうちだ整骨院です!

今回は妊娠中の足の付け根の痛みについて書いていきます。何かをきっかけにこのページにたどり着いた方のお役に立てればと思います。

 

妊娠中に足の付け根が痛くて歩けないときの対応は?

 

大きくなったおなかを支える腰や背中の痛みは、妊娠後期の妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの筆頭ともいえるもの。足の付け根あたりがズキズキと痛んで歩くのもつらい……という人もいます。

妊娠中、日ごとに大きくなるママの子宮をしっかりと支えている骨盤。骨盤は1つの骨ではなく、複数の骨の集合体なのをご存じですか? 骨盤は、大きく分けて左右に広がる寛(かん)骨(こつ)と尾骨、仙骨の3つの骨が組み合わさってできており、周囲の靭帯や筋肉がそれをガードしています。

妊娠によりお腹が大きくなっていくと腰背痛や足の付け根の痛みは、こうした骨盤の構造と、お産に向けたママの体の変化に由来します。

 

子宮が大きくなるにつれ、反り返るような姿勢になる

 

おなかが大きく重くなってくると、体の重心が前方に移るため、立ったり歩いたりするときには上体を反らせてバランスを取るようになります。すると、腰や背中の筋肉に負担がかかり、疲れや痛みを感じやすくなります。腹筋が引き伸ばされて弱くなり、おなかを支える筋肉のバランスが崩れることも、腰痛の一因です。

 

赤ちゃんが下がることによる圧迫

妊娠36週ごろになると、赤ちゃんの頭はトンネル(産道)の入り口に向かって下降を始めます。その重みで骨盤や周囲の靭帯・筋肉が圧迫されると、腰や足の付け根あたりに痛みを感じるようになります。

 

骨盤が開くことによる影響

妊娠中期~後期になっていくと、赤ちゃんの頭はさらに下がってきて骨盤内に固定されます。この頃には骨盤周囲の靭帯が緩み、「仙腸関節(仙骨と腸骨の間にある関節)」「恥骨結合(左右の恥骨が靭帯でつながる箇所)」といった骨のつなぎ目が開いてきます。

これは、赤ちゃんが産道をスムーズに通過できるようにするための準備ですが、関節や結合部分が開くと腰全体が少し不安定になり、鈍くうずくような痛みを感じたり、足の付け根付近にズキズキと刺すような痛みを感じたりする人もいます。

 

分娩時の赤ちゃんと骨盤のイメージ

 

ホルモンバランスの変化による影響

骨盤周囲の靭帯が緩むのは、妊娠によって分泌が増えるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)の影響と考えられています。これらのホルモンは、骨そのものではなく、骨を支える靭帯に作用して関節や結合部分を開き、お産の準備を整えるのです。

 

坐骨神経痛による影響

腰のあたりから膝上まで伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されて起こる「坐骨神経痛」の影響という場合もあります。坐骨神経痛が原因の場合は、腰痛が出たあと、お尻や太ももの後ろなどに痛みやしびれがあらわれます。

 

だれでも簡単にできる!足の付け根の痛み予防と対策

 

安産のためには、ウオーキングなど適度な運動を行って体力をつけておきたいところですが、腰や足の付け根に痛みがあると、運動はおろか、外出もおっくうになりがちです。できる範囲で体を動かすようにしましょう。

 

なるべく正しい姿勢を取る

腰や足の付け根が痛くてつらいときは、決して無理はしないこと。長時間立ち続けたり、座り続けたりするのはNGです。おなかが大きいと、つい背中を反らせた姿勢を取りがちですが、それが痛みの原因になります。なるべく背筋を伸ばして、腰や背中に負担をかけないようにしましょう。座るときは、背もたれの真っ直ぐな椅子や辛い場合はクッションを使うなど、常に腰や背中をケアするよう意識してください。

 

寝るときは横向きになり、ひざの間に枕などを挟む

 

足の付け根が痛むと、足を開く動作がつらくなったり、寝返りを打つのも困難になったりすることがあります。「痛くて眠れない」ときには、寝具や寝る姿勢を変えてみると、楽になるかもしれません。具体的には、「硬めのマットレスに横向きに寝て、クッションや枕などをひざの間にはさみ、骨盤周りを安定させる」のがおすすめ。お風呂タイムではゆったり湯船につかり、腰や背中を温めるとよいでしょう。

 

骨盤ベルトや腹帯を活用しよう

骨盤ベルトや腹帯も、腰や足の付け根が痛む妊婦さんには心強いアイテムです。骨盤ベルトや腹帯で、おなかや骨盤周りをしっかり支えてあげると、痛みの軽減・予防につながります。着用するときは、おなかを締め付け過ぎないように注意してください。

 
 

おなかの張りや痛みが出たら安静に

腰や足の付け根の痛みに悩まされやすい妊娠36週以降は、赤ちゃんが出産に向けてスタンバイ状態になる時期でもあります。この頃には、陣痛の予行演習のようなおなかの張りや痛み(前駆陣痛と言います)を、頻繁に感じるようになります。しばらく安静にすると治まるようなら心配はいりませんが、「張りがだんだん規則的になってくる」「痛みがどんどん強くなる」などの場合は、かかりつけの産婦人科や産院に連絡してください。

 

前回妊娠時に腰や足の付け根に痛みが出た妊婦さんは要注意

うちだ整骨院で来院されている患者様たちと話しをしていると1人目妊娠のときに腰や足の付け根に痛みが出た人は、2人目以降も痛みが出る傾向が多いです。心当たりがあるママは、できるだけ姿勢をよくするよう意識したり、運動療法などを積極的に取り入れて、予防に努めるようにしましょう。

 

まとめ

 

腰や足の付け根の痛みはつらいものですが、うちだ整骨院ではそのバランスを正していきながらできるだけ出産が楽にできるようにサポートさせて頂いています。ここで紹介したような対策を行って痛みを和らげましょう。それでも痛みが取れない場合などは妊婦さんに特化している佐賀市のうちだ整骨院にご相談ください!

 

関連記事:恥骨の痛みはどうすれば?

     妊婦さんの身体の状態とは?施術を受けるメリットとは?

     骨盤ベルトの付ける位置とは?

     逆子を戻すためにできることは?

     赤ちゃんのためにも自分を守るためにやっておきたいこと

〒840-0033

佐賀県佐賀市光2丁目9-22

うちだ整骨院

0952-20-4040

【ママさん必見!!】産後骨盤矯正について|佐賀市で骨盤矯正をするならうちだ整骨院へ

最終更新日2022年12月1日

みなさんこんにちは!うちだ整骨院の院長、内田です!

今回は産後のママさんなら一度は聞いたことがあると思います、
産後骨盤矯正について書かせていただきます!

関連記事:

骨盤が広い人の特徴とは?原因やおすすめ改善方法のご紹介

産前・産後でお身体でお困りの方

骨盤矯正はどれくらいの間隔で通院すべき?

産後の骨盤矯正はなぜ必要?

産後の痛みはなぜ起こるのか!?

産後の骨盤矯正をするメリットとは

妊娠線について

妊婦さんの身体の状態とは?施術のメリットは?

さて、どうして産後骨盤矯正が必要なのでしょうか?

人によってそれぞれ通院の目的は様々だと思います。

よく患者様から聞く代表的なものを3点挙げてみます!

 

妊娠前のスタイルに戻したい

 

 

下半身が大きくなってズボンが入らなくなった

 

産後から腰などの痛みが出るようになった

 

 

この3点が多く挙げられます!お母さんあるあるかと思います。

お母さんの身体は出産の際に赤ちゃんが通りやすいように骨盤を開くホルモンが分泌されます

 

出産を終えると閉まってくれればいいのですが・・・・そうはいきません。

ほとんどの方が出産した後の骨盤が開いて合わせて歪んでいることが多いです。

骨盤が整うと、骨盤を支えているお尻の筋肉がしっかり働き始めます。出産前まではしっかりとお尻の筋肉は知らず知らずのうちに使えてたりします。しかし妊娠中に骨盤が下がることによりお尻の筋肉はサボっていきます。

そのことによりお尻が大きく見えたり・下半身が大きく見えたりします。

産後の骨盤矯正をすることで改善していくことも望めます!

 

 

 

 

【①妊娠前のスタイルに戻したい】
【②下半身が大きくなってズボンが入らなくなった】について書いていきます!

スタイルを戻したいというのは皆さんの望みだと思います。

『1人目の時は大丈夫だったけど2人目からが全然変わらない』『あと2~3㎏が』という言葉をよく耳にします。

産後は、いままでのただ単に太ってしまった時とは違っており、

ただ体重を落としただけでは元の体型に戻ることはできません

しかも、出産後の体は非常にデリケートなうえ、大変な育児も付いて周るのでただ食事制限をするような方法では、体を壊してしまいます。食事制限を行う場合はしっかりとした栄養を取りながら行うことがとても大事になります。

体型を戻すためには骨盤の位置をしっかりと戻すことがとても重要になります。

骨盤が開いたままにしておくと基礎代謝の低下が起こります。

骨盤の歪みのせいでズボンが入らなくなると書かせていただきましたが、

もちろん妊娠太りのせいで入らないこともあります。

出産を終え、いざダイエットを頑張ってみても妊娠前のように体重が減らない、、、、
それは骨盤が歪んでいることで筋肉のバランスや血流が悪くなることにより、
うまく筋肉を動かせないので基礎代謝が低下します。

 

骨盤の位置を戻すことによりいままで動かなかった筋肉が動きだし、血の巡りが改善されます。血の巡りが良くなると、周辺の筋肉に血が行き渡りやすくなります。

筋肉は多くの熱を産生しているため、筋肉に血が行き渡ると基礎代謝が上がります

産後骨盤矯正をしておくとスタイルが変化しやすくなりやすいということになります。

こういったことより産後骨盤矯正をしておかないと

スタイルが変化しにくいという現象が起きます。

 

 

骨盤をどうしても締めたい!!と思っている方はご自身で出来る運動などを骨盤が広い人の特徴は?に記載していますのでぜひご覧ください。

 

【③産後から腰などに痛みがでるようになった】については

出産後は半年ほど骨盤の靭帯が緩んでいる状態なっている人が多いです。

 

 

 

この状態のままでママさんたちは家事、買い物、育児といろいろと動いている人がたくさんいらっしゃいます。

家事などをせずに生活できれば骨盤の歪みを正しい位置に戻そう!と脳が判断しますが何もせずに生活できるわけはありません。

靭帯緩んで骨盤が歪んでいる!と分かっていても骨盤を支えない!!と脳が判断します

そのためどうしても骨盤を支えるために周りの筋肉たちがかなり頑張ります。

その筋肉たちが疲労や炎症を起こし痛みを引き起こしてしまうのです。特に多い部分が腰、股関節、恥骨などになります。

原因としては無理をして筋肉を使っている人がとても多いので筋肉が無理をしないでいい身体を手に入れるためにもママさんたちの出産後の骨盤矯正をおすすめしています。

そして骨盤が歪んでいるまま放置してしまうと次の出産にも影響が出ます

骨盤が歪み筋肉のバランスを悪いままにしておくと、

次の赤ちゃんの出産の際に力が入りにくくなったり、

骨盤の開きが悪くなり体に負担がかかったりしてしまいます。

骨盤がその他にも骨盤が歪んでいることにより

様々な体の不調を引き起こしてしまいます。

このように出産後はたくさんの体の不調を引き起こす可能性があります。

産後骨盤矯正できちんと体のメンテナンスをしておくと、
次に出産した際に体調が戻りやすく母乳が出やすくなったり、
筋肉に弾力性が出るので妊娠線が残りにくくなります。

またタイミングはいつがいいの?と質問をよく受けます。

 

 

 

 

ベストなタイミングとしてはこのタイミングです(^^♪

産後骨盤矯正の時期

 

出産から期間が経っていても骨盤矯正は可能です!

なぜこの期間がベストなタイミングかというと女性ホルモンの関係で

骨盤が緩んでいてとてもスムーズに戻すことが可能となります

 

また骨盤矯正をいままでしたことなくてどうなっているか心配・・・

という方も一度、当院にお越しください。

 

しっかりとした説明をさせて頂き、その後の治療法を提案させて頂きます。

 

うちだ整骨院の特徴として妊娠中の方をはじめ、産後の方が佐賀市、小城市、神崎市、杵島郡などいろんな地域から来られています。

 

産後疲れ、子育て疲れのママさんたちにひと時の休息と、キレイになるお手伝いをさせていただければ幸いです!!

 

ホームページを見ました!と言っていただければ初診料+骨盤矯正+ラジオ波+EMSすべて含み3,000円で受けれます(*´▽`*)

関連記事:

産前・産後でお身体でお困りの方

骨盤矯正はどれくらいの間隔で通院すべき?

産後の骨盤矯正はなぜ必要?

産後の痛みはなぜ起こるのか!?

産後の骨盤矯正をするメリットとは

妊娠線について

妊婦さんの身体の状態とは?施術のメリットは?

 

 

 

またうちだ整骨院では妊娠中の施術も行っているマタニティ整体もあります。

記事:マタニティ整体について

マタニティ整体を受けられた感想を載せておきますので参考になればと思います。

 

患者様の声

佐賀市在住 H・Yさん 34歳

16週なのに骨盤周辺から股関節に痛みがあり、お世話になりました。マタニタィ整体は1人目の時も他院で受けた経験はあったのですが、費用が高く効果が感じられなかった経験があったので、少し不安でしたが安いところでと思い受けてみました。本当に驚きの連続でした。痛みがあって何とか楽にしてほしい方にオススメします。

 

佐賀市在住 K・Oさん 28歳

急に鼠径部に痛みがでて歩けなくなり、先生のお世話になりました。38週だったので少し不安な気持ちもありましたが、原因の説明とどんなことをするのか説明をしていただいたので、不安は無くなりました。施術はほとんど痛みがなく、終わった後はほとんど痛みはなく、歩けるようになっていました。本当に不思議なかんじでした。

 

佐賀市在住 K・Iさん 31歳

 今回2人目の妊娠で、1人目は妊娠35週位で経験した痛みが、まだ14週なのに出てきてしまいました。

 早すぎるので何かあってはと思いお世話になりました。初回の施術で腰痛と股関節の痛みはほとんど無くなりました。この状態をキープするための方法も指導していただき、とても親切で思いやりのある先生だと感じました。

 月に1度定期的に通わしていただいていますが、何度来ても安心して診て頂ける先生だと信頼しています。

 1人目の時も、マタニティ整体は他の所で受けた経験はあるのですが、施術方法と信頼感が全く違います。オススメできます。

 

佐賀市在住 N・Kさん 31歳

整体や整骨には何軒か行きましたが、妊婦だと断られることが多くいろいろ探してやっと先生にたどりつきました。率直な感想ですが、とにかく気持ちよくなれて肩こりも腰痛も楽になりました。なによりこんなに効果あるのに費用の安さはありえません。佐賀市で妊娠中に施術を受けれるところを友達も探していましたのですぐに紹介しました。

 

佐賀市在住 M・Mさん 36歳

とにかく寝られないほど頭痛が酷かったのですが、その日の夜は久しぶりにぐっすり寝ることができました。それだけでも感動しているのですが、腰痛と恥骨痛も楽になりましたので超~感動でした。治療が終わった時にも今までとは違うスッキリ感はあったので、期待はしていたのですが、夜になって益々楽になって期待以上の感動がありました。今回で3回目ですが、出産が終わってからもお願いしようと思っています

 

鳥栖市在住 S・Aさん 28歳

妊娠6ヶ月目くらいから肩こりが始まり、8ヶ月目に入ってからは腰もいたくなりました。初めての妊娠だったのでこんなももかなぁ~と思っていましたが、ホームページでマタニティ整体のことを知り、受けてみようと思いました。整体を受けること自体初めてだったので少し不安でしたが、受けて良かったです。とても楽になりました。あと定期的にお願いしようと思っています。

 

鳥栖市在住 K・Uさん 28歳

妊娠6ヶ月目に急なぎっくり腰になり動けなくて旦那さんに送ってもらいうちだ整骨院に来ました。ベッドに上がるのもとても大変でしたが、施術を受けたて立ち上がるは恐る恐るでしたが普通に動くことができとてもビックリでした!!施術を受けること自体初めてで少し不安でしたが、受けて良かったです。とても楽になりました。妊婦の時に施術を受けれるありがたさがとてもありました!ありがとうございました。

 

小城市在住 T・Mさん 32歳

1人目のときは何ともなかったのですが、今回の妊娠ではなぜか7ヶ月目くらいから腰が痛くなり、先生のお世話になりました。整体は何度か受けたことがありましたが、マタニティ整体は初めてでしたので少し心配もありました。ですが、うつ伏せになることもなく、お腹に響くことも無かったのでどちらかというと、気持ち良くなってリラックスしてるうちに終わったという感じでした。それでいて腰も楽になりました。

 

子どもを連れて行きやすいと口コミで多くの患者様から紹介されお子様連れの妊婦さん・産後の方が多く来院されています。

 

キッズスペースを広く設けており、またいろいろおもちゃも準備していますのでそこで多くの子供さんが遊ばれています☆
痛みがあるのに子供がいるから来院できない・・などで悩まずにご来院ください。    

使用されたおもちゃ等はすぐにアルコール消毒もさせて頂いています。

 

 

 

〒840-0033

佐賀県佐賀市光2丁目9-22

うちだ整骨院

0952-20-4040

当院の産後骨格ケアが『ひよこクラブ』に掲載されました!

料金案内はこちら⇩⇩

 

こちらは施術の流れです

気になる方は是非ご覧ください。

⇩⇩

 

 

 

 

佐賀県佐賀市光2-9-22

うちだ整骨院

0952-20-4040

更新日:2021年6月22日

料金案内

メールでお問い合わせ

お問い合わせ 0952-20-4040

TOPへ

ホームへ